京都の歯科で人気!インプラント治療の流れを知る

京都で人気のインプラント治療!その流れを知っておこう

HAISYA

京都の歯科で人気!インプラント治療の流れを知る

インプラント

カウンセリング・診断

インプラント治療をスタートさせる前に、まずはカウンセリングをしながら診断していきます。治療をスタートさせる前に、慎重な事前検査を受ける事が大切なため必ず受けましょう。事前検査の方法は、京都にある歯科によって異なりますが、主に患者の全身状態の確認・レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内膜の検査を行ないます。

土台作り

インプラント治療をするときは、局所麻酔を使って手術を行ないます。専用のドリルでインプラントを埋め込む穴を作り、インプラントを埋め込みます。骨とインプラントがくっつくまで期間をあけます。顎の骨とインプラントがしっかり結合しているのを確認できたら、アバットメントと呼ばれる土台を連結し、人口歯をくっつける準備をしていきます。

人口歯の装着・メンテナンス

土台作りをした後は、インプラントのヘッド部分に人工的に作られた歯をくっつけ、インプラントの手術は完了です。インプラント治療をした後は、長持ちさせるためにも定期的にメンテナンスを受けましょう。

治療の後に気をつけるべき点とは?

京都にある歯科で、インプラント治療を受けた後はいくつかの注意点を守るようにしましょう。何も知らずに、普段の生活をスタートさせてしまうとトラブルの原因になります。

治療の注意点

しっかり止血する

手術をした後は、手術箇所からしばらくの間、血が出続けます。そのため、激しい運動などは控え、なるべく安静に過ごしましょう。血が止まらない場合は、清潔なガーゼなどを使って傷口を押さえておきましょう。

薬を飲む

手術後、医師から痛み止め作用のある薬を処方されます。手術後は、しばらくの間、痛みを伴うこともあるため決められた時間に飲んでください。抗生物質を処方された場合は、しっかりと飲み切りましょう。

食事にも注意

術後、食事をとるときは麻酔の効果が切れてから食べるようにしましょう。食事の内容も柔らかい物を選んでください。手術した部分を刺激してしまうと、トラブルの原因になってしまう場合があります。

腫れた場合は適度に冷やす

術後、顔が腫れてしまう人も少なくありません。腫れは術後2〜3日目がピークになると言われているため、冷水で冷やすようにしてください。冷やし過ぎてしまうと、傷の治りが遅くなってしまう場合もあるため注意しましょう。

生活習慣での注意事項

お風呂に入る場合は、湯船につからずシャワーで終わらせるようにしましょう。飲酒や喫煙も数週間は我慢が必要です。また、手術箇所を指や舌で触ったりするのはやめましょう。

広告募集中